野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平「早めに1本出てくれて良かった」130M超え、復活の特大1号

大谷翔平「早めに1本出てくれて良かった」130M超え、復活の特大1号

エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦で復帰後初アーチとなる逆転の1号2ランを放った。2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場した大谷。1点差で迎えた3回の第2打席で、復帰7戦目、26打席目でついにアーチをかけた。9回の第5打席でも右前安打を放ち、この日は2安打1本塁打2打点。チームも快勝し、試合後は「打球も良かったし、場面も良かった。いい結果になって良かった」と振り返った。

第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

3回の第2打席で打球速度178キロ、飛距離130メートルの特大逆転2ラン

■エンゼルス 5-4 ツインズ(日本時間14日・ミネソタ)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦で復帰後初アーチとなる逆転の1号2ランを放った。2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場した大谷。1点差で迎えた3回の第2打席で、復帰7戦目、26打席目でついにアーチをかけた。9回の第5打席でも右前安打を放ち、この日は2安打1本塁打2打点。チームも快勝し、試合後は「打球も良かったし、場面も良かった。いい結果になって良かった」と振り返った。

 2試合ぶりにスタメンに名を連ねた大谷。初回の第1打席は四球を選び、3回、1点を返してなおも無死三塁のチャンスで第2打席に立った。3ボール1ストライクからの5球目。ツインズのエース右腕ベリオスが投じた、真ん中付近に入った真っ直ぐを捉えた打球は快音を響かせ、ミネソタの夕空に舞い上がった。

 中堅バックスクリーン左、上部にあるボードを直撃する特大の逆転2ラン。昨年9月26日の本拠地レンジャーズ戦で放って以来、229日ぶりの一発は逆転の1号2ランとなった。この一発、MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度111.6マイル(約178.6キロ)、飛距離429フィート(約130.8メートル)の特大の一発となった。

 4回の第3打席は二ゴロ併殺打、6回の第4打席は四球だった大谷だが、9回の第5打席で再び快音を響かせた。先頭打者として打席に立つと、左腕のロジャースの3球目をはじき返して右翼線への安打。今季3度目のマルチ安打を記録し、この日は今季初本塁打を含む3打数2安打1本塁打2打点2四球で4打席で出塁した。

 チームも5-4で逃げ切って勝利。自身の復帰後、出場した試合は5勝1敗、打点をあげれば4戦全勝となった。勝利のあと、チームメートと笑顔でハイタッチを繰り返した大谷は「打席の中でよくボールが見えているので、それがいい結果につながっていると思います。前の試合もいい打球を打てていたので、ミリ単位で自分のスイングができれば、いいところで出るんじゃないかと思った。早めに1本出てくれて良かった」と振り返っていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」