野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、復活の一発は130M超の驚愕弾「クレイジーなパワー」「まるで打撃練習」

大谷、復活の一発は130M超の驚愕弾「クレイジーなパワー」「まるで打撃練習」

エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦でメジャー復帰後初の本塁打を放った。右肘靭帯再建手術から復帰7試合目で放った待望の一発は、バックスクリーン左に突き刺さる特大弾。待望の「ビックフライ」復活に、地元ファンはSNS上で「モンスター」「ショウヘイの本塁打がこんなに素晴らしいなんて忘れていたよ」「ショータイム復活」とフィーバー状態になっている。

第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

復帰7試合目で放った待望の一発にファン歓喜「オオタニを嫌いな野球ファンなんて、矛盾でしょ」

■ツインズ – エンゼルス(日本時間14日・ミネソタ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦でメジャー復帰後初の本塁打を放った。右肘靭帯再建手術から復帰7試合目で放った待望の一発は、バックスクリーン左に突き刺さる特大弾。待望の「ビックフライ」復活に、地元ファンはSNS上で「モンスター」「ショウヘイの本塁打がこんなに素晴らしいなんて忘れていたよ」「ショータイム復活」とフィーバー状態になっている。

 待ちに待った一発だった。1-2とツインズリードで迎えた3回の第2打席、ついに大谷のバットが火を吹いた。5球目の甘く入ったファストボールを完璧に捉えると、バックスクリーン左に飛び込む逆転2ランとなった。

 待望の一撃に地元ファンはツイッター上で狂喜乱舞となった。

「ショウヘイ・オオタニはクレイジーなバッティングパワーだ。429フィートの本塁打を左中間に。何事もなかったかのように」

「ショウヘイ・オオタニが今季初本塁打。ショータイム復活だ!」

「ショウヘイ・オオタニが復活だ。左中間にまたしても紛うことなき爆撃成功」

「親愛なるアンチよ。ショウヘイ・オオタニは誰よりも投打において100パーセント上なんだ!!」

「ショウヘイ・オオタニ、野球が上手いんだよ」

「おかえりなさい、ショウヘイ・オオタニ、今季初ホームラン!」

「ショウヘイが帰ってきた。完璧なまでに健康体だ」

「ショウヘイ・オオタニを嫌いな野球ファンなんて、矛盾でしょ」

「直前の打撃練習の映像を見たか? まるで打撃練習じゃないか…」

「これはモンスターだ」

 昨年9月26日の本拠地レンジャーズ戦以来、229日ぶりの一発はデータ解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度111.6マイル(約178.6キロ)、飛距離429フィート(約130.8メートル)の特大の一発だった。昨季はメジャーでベーブ・ルース以来、100年ぶりとなる二刀流センセーションを巻き起こした。敵地騒然のモンスターショットで、“大谷祭り”がアメリカで再び幕を開けた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」