野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、黒星消える ソロ3発被弾で7回途中5安打3失点も、味方が追いつく

菊池雄星、黒星消える ソロ3発被弾で7回途中5安打3失点も、味方が追いつく

マリナーズの菊池雄星投手が13日(日本時間14日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、7回途中5安打3失点で降板した。7回途中まで投げ、ソロ本塁打3本で3失点。2点ビハインドで降板したが、味方が8回に追いつき、菊池の黒星が消えた。

アスレチックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
アスレチックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

6回にデービスに痛恨の勝ち越しソロを浴びる

■マリナーズ – アスレチックス(日本時間14日・シアトル)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 マリナーズの菊池雄星投手が13日(日本時間14日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、7回途中5安打3失点で降板した。7回途中まで投げ、ソロ本塁打3本で3失点。2点ビハインドで降板したが、味方が8回に追いつき、菊池の黒星が消えた。

 前回登板だった8日(日本時間9日)のヤンキース戦で8回途中3安打1失点と圧巻の投球を見せた菊池。登板後には“松ヤニ疑惑”で騒がれることとなったが、中4日での登板でも粘りの投球を見せた。

 初回1死から連続四球でピンチを招いたが、デービスとピスコッティを打ち取って無失点の立ち上がりとなった菊池。1点のリードをもらった2回にカナにソロ本塁打を浴びて試合を振り出しに戻された。

 4回を7球、5回を6球で簡単に3者凡退に打ち取るなど、その後はアスレチックス打線を無失点に封じていたが、同点で迎えた6回、デービスにソロを被弾。痛恨の勝ち越し弾を許した。7回もマウンドに上がった菊池だったが、先頭のオルソンにもソロ本塁打を浴び、ここで降板。6回0/3、5安打3失点、93球でマウンドを降りた。

 マリナーズ打線は終盤まで初回にハニガーのソロ本塁打で1点しか奪えていなかったものの、3点ビハインドの8回2死一、二塁でボーゲルバックが起死回生の3ランを放ち同点に。試合を振り出しに戻し、菊池の黒星も消えた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」