野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、復活の特大1号 監督は逆方向への飛距離に脱帽「文句なしの一発」

大谷翔平、復活の特大1号 監督は逆方向への飛距離に脱帽「文句なしの一発」

エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦でメジャー復帰後初の本塁打を放った。「3番・DH」でスタメン出場し、右肘靭帯再建手術から復帰7試合目で待望の一発。3打数2安打2打点と4出塁の活躍で5-4での勝利に大きく貢献した。ブラッド・オースマス監督は「文句なしの一発」と特大の復活弾に脱帽した。

敵地ツインズ戦の第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地ツインズ戦の第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

復活のホームランにオースマス監督もひと安心「ハイファイブをかわしたよ」

■エンゼルス 5-4 ツインズ(日本時間14日・ミネソタ)

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦でメジャー復帰後初の本塁打を放った。「3番・DH」でスタメン出場し、右肘靭帯再建手術から復帰7試合目で待望の一発。3打数2安打2打点と4出塁の活躍で5-4での勝利に大きく貢献した。ブラッド・オースマス監督は「文句なしの一発」と特大の復活弾に脱帽した。

 初回の第1打席は四球を選んだ大谷。1-2とツインズリードで迎えた3回の第2打席、待望の一発が飛び出した。3ボール1ストライクから相手エース右腕ベリオスの5球目の直球を完璧に捉えると、打球はバックスクリーン左へ。飛距離429フィート(約130.8メートル)の特大逆転2ランとなった。

 4回1死一、二塁のチャンスで迎えた第3打席は二ゴロ併殺打に倒れたが、6回2死一塁ではこの日2個目の四球を選んで出塁。さらに、1点リードの9回は左腕ロジャースから先頭で右前打を放ち、復帰後6試合目で3度目のマルチ安打。続くシモンズが併殺に倒れたものの、エンゼルスはそのまま勝利。大谷は打率.250と徐々に数字を上げてきた。

 逆転2ランを含む4出塁で勝利に大きく貢献した大谷。オースマス監督は試合後に「オオタニはこれまでよりも良い状態のように思えた。ヒットとホームランも打ったことだし」とひと安心の様子。逆方向に130メートル以上飛ばした今季1号に「パワーがあるのは誰もが知っていること。逆方向への文句なしの一発だった」と脱帽した。

 大谷とは「ハイファイブをかわした」と嬉しそうに振り返った指揮官。大谷が打点を挙げた試合は4戦全勝。2番・トラウト、3番・大谷という打順も機能しており、この復活弾からエンゼルス打線がさらに活性化しそうな気配だ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」