野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、復帰後6戦5勝&打点で4戦全勝 トラウトも認める貢献度「非常に大きなこと」

大谷翔平、復帰後6戦5勝&打点で4戦全勝 トラウトも認める貢献度「非常に大きなこと」

13日(日本時間14日)の敵地ツインズ戦でメジャー復帰後初本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手。2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場し、右肘靭帯再建手術から復帰して出場6試合目、26打席目で待望の一発を放った。

第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平(左)とマイク・トラウト【写真:Getty Images】
第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平(左)とマイク・トラウト【写真:Getty Images】

3回の第2打席で放った特大の今季初本塁打で生還したトラウト

■エンゼルス 5-4 ツインズ(日本時間14日・ミネソタ)

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 13日(日本時間14日)の敵地ツインズ戦でメジャー復帰後初本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手。2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場し、右肘靭帯再建手術から復帰して出場6試合目、26打席目で待望の一発を放った。

 3回、先頭のラステラが左前安打で出塁し、トラウトが右前安打で続く。この当たりを右翼手が後逸してラステラが生還、トラウトは三塁へ進んだ。ここで大谷の復活の一発が飛び出した。ツインズのエース右腕ベリオスの直球を捉えると、打球はバックスクリーン左へ。逆転2ランは打球速度111.6マイル(約178.6キロ)、飛距離429フィート(約130.8メートル)の特大の一発だった。

 大谷は9回の第5打席にも右前安打を放ち、今季3度目のマルチ安打を記録。この日は3打数2安打1本塁打2打点、2つの四球を選んで4度出塁した。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」でエンゼルス番を務めるファビアン・アルダヤ記者は、この一発で2点目のホームを踏んだメジャーNO1プレーヤーのマイク・トラウト外野手のコメントをレポート。2番に入り、3番の大谷と強力な上位打線を築く盟友は、大谷が状態を上げてきていることに「チームにとって非常に大きなことだよ。彼が好調な時は、間違いなくチームに貢献してくれるんだ」と語ったという。

 エンゼルスは大谷の復帰後、大谷が出場した6試合で5勝1敗。大谷が打点をあげると4戦全勝に。復帰してまだ7試合だが、トラウトの言葉通り、大谷がエンゼルスにもたらす効果は果てしなく大きいようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」