野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

すべてはこの先につながっている―― 元プロが伝えたい 少年野球指導への思い

元巨人のスコアラー、チーム統括担当を務めた三井康浩氏が昨年10月から息子の野球チームのコーチになったと聞いた。巨人時代もその眼力に、松井秀喜氏や高橋由伸氏、阿部慎之助捕手ら名打者たちが信頼を寄せてきた。その目が今、小学生の軟式チームに向けられている。元プロを本気にさせているものは一体、どんなことなのか。「今度、見に来てよ」と声をかけていただいたので、練習を見に行った。

少年野球の未来を考えながらノックを打つ元巨人スコアラーの三井康浩氏【写真:編集部】
少年野球の未来を考えながらノックを打つ元巨人スコアラーの三井康浩氏【写真:編集部】

「自分の持っている引き出しを全部出さないといけない」野球人としての義務

 元巨人のスコアラー、チーム統括担当を務めた三井康浩氏が昨年10月から息子の野球チームのコーチになったと聞いた。巨人時代もその眼力に、松井秀喜氏や高橋由伸氏、阿部慎之助捕手ら名打者たちが信頼を寄せてきた。その目が今、小学生の軟式チームに向けられている。元プロを本気にさせているものは一体、どんなことなのか。「今度、見に来てよ」と声をかけていただいたので、練習を見に行った。

 初夏を思わせる5月上旬。照りつける太陽の下、都内のグラウンドで大汗をかいてノックを打っていた。

 三井氏は昨年10月、息子の少年野球を見に行ったことがきっかけで、チームからコーチを頼まれた。最初は興味がなかったというが、次第にのめり込んでいった。試合ではベンチに入り、スコアブックを付けて、チームの分析をしている。

「少年野球だからこそ、きちんとした指導をしてあげたいとなと思って」

 実際にプロがどんな指導をしているのか、気になったので取材にお邪魔した。小学校高学年のチームに練習のメニューを少し変えただけで、大差の負けが僅差になり、次第に試合で勝てるようになったという。

 動画や記事でも紹介をしているが、守備ではボールの捕球姿勢の指示、スローイング、打撃ではロングティーを練習で導入、走塁ではベースランニングからの意識改革……。選手たちが少しの意識で変わっていった。このチームは全国や都内屈指の強豪チームではない。どこにでもある地域の少年野球チームだ。

「子供たちは理屈で全部説明しようとすると飽きちゃうんだよ。言うことも聞かないし。だから、わかりやすく話をする。腰を回せと言ってもわからない。だったら『お尻で打とう!』とか興味のある言葉を使ったりする。同じことを何度も言っているよね。これは俺と子供たちの戦い、勝負でもあるから」

 プロ野球選手を相手にしてきた以上、子供たちを納得させる指導ができなければ「自分の負けと思っている」。プライドをかけて指導しているため、次第に熱も帯びてくる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」