野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、衝撃の特大1号に敵地メディアも脱帽「オオタニのパワーを目の当たりに」

大谷翔平、衝撃の特大1号に敵地メディアも脱帽「オオタニのパワーを目の当たりに」

13日(日本時間14日)に敵地で行われたツインズ戦で復帰後初アーチとなる逆転の1号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平投手。2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場すると、1点差で迎えた3回の第2打席、復帰26打席目で待望の一発が飛び出した。

第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ミネソタの地元メディア「スタートリビューン」も特大弾を称える

■エンゼルス 5-4 ツインズ(日本時間14日・ミネソタ)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 13日(日本時間14日)に敵地で行われたツインズ戦で復帰後初アーチとなる逆転の1号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平投手。2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場すると、1点差で迎えた3回の第2打席、復帰26打席目で待望の一発が飛び出した。

 229日ぶりの一発は、大谷らしく中堅から逆方向へ運ぶ特大弾だった。3回無死三塁のチャンスで第2打席へ。3ボール1ストライクからの5球目。ツインズのエース右腕ベリオスが投じた、真ん中付近に入った真っ直ぐを捉えた打球は快音を響かせて舞い上がった。左中間スタンド上部にあるビジョンを直撃する特大の逆転2ランとなった。

 昨年9月26日の本拠地レンジャーズ戦で放って以来の一発。MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度111.6マイル(約178.6キロ)、飛距離429フィート(約130.8メートル)の一撃だった。大谷は9回にも右前安打を放ち3打数2安打1本塁打2打点。2つの四球を選んで4度出塁し、チームの勝利に貢献した。

 大谷の特大弾には、ツインズが本拠地を置くミネソタの地元メディア「スタートリビューン」も脱帽。「ショウヘイ・オオタニとトミー・ラステラがべリオスからホームランを放ち、日曜日のボルティモアでの1-5の敗戦を跳ねのけた」とレポートし、130メートル超えの一撃を放った大谷のパワーを称えた。

 記事内では、マイク・トラウト外野手を三塁に置いて放った一発を「彼は2ランホームランとなるロケットのように速い打球をブルペンへと運んだ」と表現。大谷が5号本塁打を放った昨年5月10日(日本時間11日)に行われたエンゼルスタジアムでの対戦を振り返り「ツインズの選手たちはオオタニのパワーを以前目のあたりにしている。というのも、彼は昨シーズンのアナハイムでのシリーズで、トレバー・ヒルデンバーガーからホームランを打ったからだ」としている。

 今回はツインズの本拠地ターゲット・フィールドでの一発となり、「スタートリビューン」は「2018年のア・リーグ新人王に対して真ん中に直球を投げてしまうと(こんな風に)痛い目に遭うということを、ターゲットフィールドのファンたちは生で(その目で)目撃することとなった」と記した。敵地で放った特大の今季1号。ここまで6勝をあげていたエース右腕ベリオスから打った一発は、敵地にも衝撃を与えた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」