野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、シフト破りの中前適時打に06年MVPも称賛 「空いているところに打球を…」

大谷翔平、シフト破りの中前適時打に06年MVPも称賛 「空いているところに打球を…」

エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で2試合連続スタメン出場。4打数3安打1打点と今季初の猛打賞をマークし打率は.321に上昇した。チームは3-4で敗れたが、第3打席で放ったシフト破りの中前タイムリーを米メディアは絶賛していた。

敵地ツインズ戦で今季初の猛打賞をマークしエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地ツインズ戦で今季初の猛打賞をマークしエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

メジャー通算100安打を達成し4打数3安打の活躍を見せた大谷

■ツインズ 4-3 エンゼルス(日本時間15日・ミネソタ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で2試合連続スタメン出場。4打数3安打1打点と今季初の猛打賞をマークし打率は.321に上昇した。チームは3-4で敗れたが、第3打席で放ったシフト破りの中前タイムリーを米メディアは絶賛していた。

 大谷は2点を追う6回1死二塁で迎えた第3打席で84.2マイル(約136キロ)のチェンジアップを拾い、鮮やかな中前タイムリーを放ち3試合連続打点をマークした。

 極端に内野が右に寄る“大谷シフト”を破る一打にこの日、TV中継した「FOXスポーツ・ノース」の解説は「鋭いゴロです。またシフトを破りました。そしてまた点が入ります。この回3点目が入り、4-3です」と称賛。

 さらに実況を務めた2006年にア・リーグMVPを獲得したジャスティン・モーノー氏も「フィールドの左側の大半がオープンになっています。彼がそこを狙っていたのかどうかは、彼に聞いてみないとわかりません。ですが、彼はきっちりとその空いているところに打球を運び、ランナーをホームに返したのです」と賛辞を送っていた。

 大谷が打点を上げれば4戦全勝と不敗神話が続いていたが途切れる形となったが、これで7試合に出場し28打数9安打の打率.321、1本塁打、6打点。上昇気流に乗る大谷の打撃から目が離せない。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」