野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、快足内野安打を06年MVP&エ軍OBが絶賛 「彼は優れたアスリート」

大谷翔平、快足内野安打を06年MVP&エ軍OBが絶賛 「彼は優れたアスリート」

エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で2試合連続スタメン出場。今季初の猛打賞、3試合連続マルチとなる4打数3安打1打点の活躍で打率は.321に上昇した。第4打席では放った快足安打を米メディアは「優れたアスリート」と絶賛した。

今季初の猛打賞を記録したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
今季初の猛打賞を記録したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第4打席でボテボテの当たりを快足を飛ばし内野安打

■ツインズ 4-3 エンゼルス(日本時間15日・ミネソタ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で2試合連続スタメン出場。今季初の猛打賞、3試合連続マルチとなる4打数3安打1打点の活躍で打率は.321に上昇した。第4打席では放った快足安打を米メディアは「優れたアスリート」と絶賛した。

 大谷は1点を追う8回。1死走者なしで迎えた第4打席で左腕ロジャースと対戦。変化球にタイミングを外されたボテボテの打球は三塁線へロジャースは猛チャージで打球を処理しようと試みたがファンブル。大谷は自慢の快足を飛ばし内野安打を奪い今季初の猛打賞をマークした。

 この試合を中継した「FOXスポーツ・ノース」で解説を務めた2006年にア・リーグMVPを獲得したジャスティン・モーノー氏は「これは三塁線に転がる完璧なバントのようでした」とボテボテの打球を表現。そして快足を生かした内野安打に「オオタニは走塁が良いですね。彼は優れたアスリートです」と賛辞を送った。

 また敵地で中継した「FOXスポーツ・ウエスト」で解説を務めたエンゼルスOBのマーク・グビザ氏も「ロジャースの手からボールがこぼれたのは幸運なことです。なぜなら、彼がもし投げていたら、良くない結果になっていたはずです。ショウヘイはその足でセーフにしていたでしょうからね」と絶賛。リプレー映像を見直すと「これはほとんど完ぺきなバントです」と語っていた。

 この試合までは大谷が打点を上げれば4戦全勝。負けなしの“大谷神話”は崩壊したが3戦連続マルチ、3試合連続打点と打撃はうなぎ上りで打率は.321まで上昇。復帰7試合目にして早くもチームに無くてはならない存在となっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」