野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹が連敗3でストップ ロッテ大勝で3位浮上、日ハム単独2位…16日のパ・リーグは?

パ・リーグは16日、各地で3試合を戦い、ソフトバンク、ロッテ、日本ハムがそれぞれ勝利した。

本拠地で快勝したロッテ【写真:荒川祐史】
本拠地で快勝したロッテ【写真:荒川祐史】

オリックスは6回に1イニング3失策、計4失策の守乱で惨敗

 パ・リーグは16日、各地で3試合を戦い、ソフトバンク、ロッテ、日本ハムがそれぞれ勝利した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 3連敗中だったソフトバンクは本拠地ヤフオクドームで西武と戦い、5-1で勝利して連敗を止めた。高橋礼と西武榎田の投手戦となったこの試合。ソフトバンクは4回にグラシアルのソロで先制。直後に追いつかれたものの、7回に甲斐の4号ソロで勝ち越した。8回には3点を加点。先発の高橋礼は自己最長の8回を投げて5安打1失点で無傷の5勝目をあげた。西武は榎田が7回まで2失点と粘っていたが、打線が援護できなかった。

 ロッテは本拠地ZOZOマリンスタジアムでオリックスに大勝。2点を先制されたが、井上の5号ソロなどで追いつくと、6回に相手の3失策に乗じて3本の適時打などで4点を勝ち越した。先発の種市は6回2失点の好投で無傷の3勝目。オリックスは6回の1イニングだけで3失策、計4失策と守備が乱れて惨敗を喫した。

 日本ハムは東京ドームで楽天と対戦し、2-0の零封勝ちをおさめた。先発の加藤が5回まで1安打4奪三振無失点と好投すると、2番手以降の堀、公文、宮西、秋吉も無失点リレー。楽天打線をわずか散発2安打に封じ込めた。打線は7回、平沼の適時二塁打で待望の先制点を奪うと、8回に近藤の適時打で1点を追加した。楽天は先発の辛島が7回6安打1失点と好投しながら、味方の援護に恵まれず。今季初黒星を喫した。

 この結果、日本ハムが単独2位となり、ロッテが3位に浮上。楽天は4位となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」