野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・甲斐、決勝弾&勝利にも笑顔なし… 強まる責任感「逆転されたは捕手の責任」

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が16日、ヤフオクドームでの西武戦の7回裏に決勝の4号ソロを放った。守っては強気のリードで高橋礼投手の好投を引き出した。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

16日の西武戦、7回に決勝弾に「結果的にホームランになってくれたけど…」

■ソフトバンク 5-1 西武(16日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が16日、ヤフオクドームでの西武戦の7回裏に決勝の4号ソロを放った。守っては強気のリードで高橋礼投手の好投を引き出した。

 好投を続けていた西武・榎田から放った勝ち越し弾は、右中間のホームランテラスに消えていった。試合後、甲斐は「打てて良かったです。結果的にホームランになってくれましたけど、塁に出て次につなぐことが一番(大事)だと思っています」と謙虚に語った。

 「(打つことが)投手のためにもなるし、チームのためにもなる。もっともっと打って塁に出ないといけないと思いますし、もっともっと自分の力をつけて1人の打者としてやるべきことをやっていきたい」と語った甲斐。5勝目をマークした高橋礼のリードについては「自分を信じて自分の球を投げることが礼にとってはベスト。僕も礼の良い部分を引き出せるようにと思ってやっていました。リズム良くどんどんいくのが大事だし、捕手として礼のリズムを作ることを考えていました」と明かした。

 3戦目こそ勝利したが、今カードでは西武打線の手痛い一発で負け越した。甲斐は「勝てた試合も逆転された。それは捕手の責任ですし、自分の力不足。それを自分の中で受け入れて、自分に負けないようにやっていくだけです」と勝利にも笑顔はない。だからこそ「僕がしっかりリードしないといけないと思います。そういった中で一人ひとりの投手の良い部分を引き出せるように」と、正捕手の役割を改めて自分に言い聞かせるように口にした。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」