野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、2年目の進化とは… データ&敵軍証言から探る昨季からの変化

大谷翔平、2年目の進化とは… データ&敵軍証言から探る昨季からの変化

エンゼルスの大谷翔平投手が昨季から進化した打撃を見せている。昨年10月の右肘内側側副靭帯再建術(トミー・ジョン手術)を受けた影響で打者一本で臨む今季はここまで打率.294、1本塁打、6打点を記録しているが、その数字以上を感じさせる打撃内容。各種データ、敵軍選手の証言から打者・大谷の2年目に迫った。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ボールゾーンのスイング率が大幅改善 トラウト級の選球眼「自分も進歩しないと、去年以上の成績は残せない」

 エンゼルスの大谷翔平投手が昨季から進化した打撃を見せている。昨年10月の右肘内側側副靭帯再建術(トミー・ジョン手術)を受けた影響で打者一本で臨む今季はここまで打率.294、1本塁打、6打点を記録しているが、その数字以上を感じさせる打撃内容。各種データ、敵軍選手の証言から打者・大谷の2年目に迫った。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 まるですべての配球を見透かしているかのようだった。15日の敵地ツインズ戦、7回1死。大谷は2番手右腕メイに対して初球から際どいコースの球もすべて見送った。最後は3ボール1ストライクからの4球目。真ん中高め付近に入った152.8キロ直球を中前へ弾き返した。この一打で連続試合安打を「4」に伸ばした。

 昨年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、術後7か月後の7日タイガース戦から打者復帰した。復帰直後は9打席連続無安打と結果が出なかったが、9日タイガース戦の初回に右前適時打を放ち、復帰3戦10打席目で初安打をマーク。13日ツインズ戦の3回、復帰26打席目で一時逆転の1号2ランを放つと、翌14日の同カードでは4打数3安打1打点で初の猛打賞を記録。本拠地開幕で3戦連発した昨季ほどのインパクトはないものの、ここまで8試合出場し、34打数10安打の打率.294、1本塁打、6打点。4四球、8三振と上々のスタートを切っている。

 この好打を支えているのが選球眼だ。米データサイト「ファングラフス」によると、ボールゾーンのスイング率「O-swing%」は昨季31.6%から18.6%に大幅改善。ここまでMLBトップ38四球を記録しているエンゼルスの同僚、マイク・トラウト外野手は昨季21.8%、今季17.8%。メジャー現役最強選手に匹敵する数字となっている。

 一方で、大谷のストライクゾーンのスイング率「Z-Swing%」は昨季の65.3%から67.7%にアップ。全投球に対し、打者が空振りしストライクとなった割合を示す空振り率も昨季の12.9%から10.4%に向上している。ボール球に手を出さずストライクゾーンに来た球を打つーー。今季の8試合で報道陣の取材に対応した際には「ボールの見え方が良かった」、「打席の中でよくボールが見えている」と繰り返していたが、まさに“好球必打”の打撃に磨きがかかっているといえる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」