野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 復帰後初“帰還”の本拠地は今年から“大谷だらけ”「彼はこの1年でスーパースターに」

復帰後初“帰還”の本拠地は今年から“大谷だらけ”「彼はこの1年でスーパースターに」

エンゼルスの大谷翔平投手は、17日(日本時間18日)から本拠地でのロイヤルズ3連戦に臨む。大谷は7日(同8日)の敵地タイガース戦で復帰。エンゼルスはそこから9試合連続で敵地で試合を行っており、大谷は復帰後初めて本拠地の打席に立つことになる。

エンゼルスタジアムのチケット売り場上部に「打者・大谷」の大きな写真が登場【写真:盆子原浩二 】
エンゼルスタジアムのチケット売り場上部に「打者・大谷」の大きな写真が登場【写真:盆子原浩二 】

18日から本拠地でロイヤルズ3連戦、エンゼルスタジアムには大谷の“露出”が激増

 エンゼルスの大谷翔平投手は、17日(日本時間18日)から本拠地でのロイヤルズ3連戦に臨む。大谷は7日(同8日)の敵地タイガース戦で復帰。エンゼルスはそこから9試合連続で敵地で試合を行っており、大谷は復帰後初めて本拠地の打席に立つことになる。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

エンゼルスタジアム内通路の「WALL OF FAME」【写真:盆子原浩二 】
エンゼルスタジアム内通路の「WALL OF FAME」【写真:盆子原浩二 】

 昨季は打者として打率.285、61打点、10盗塁、日本人メジャーリーガーの1年目として最高の22本塁打、投手としても4勝2敗、防御率3.31の成績を残し、ア・リーグ新人王を受賞。1年でエンゼルスのスター選手としての地位を築き、今季から本拠地エンゼルスタジアムには大谷の“露出”が激増した。

 スタジアム外壁、チケット売り場の上部には「打者・大谷」の大きな写真が登場した。アルバート・プホルス外野手やマイク・トラウト外野手らと共に、チームの“顔”の一人としてエンゼルスタジアムに訪れたファンを迎え入れる。さらに、スタジアム内通路の「WALL OF FAME」では、「ROOKIE OF THE YEAR」として「TIM SALMON 1993年」「MIKE TROUT 2012年」の下に「SHOHEI OHTANI 2018」の名前がしっかりと刻まれている。

 その他、スタジアム内の壁面にはいたるところに大谷の写真が。また、グッズコーナーには「トラウトコーナー」と同じように「大谷コーナー」があり、その人気の高さをうかがい知れる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」