野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武、森の勝ち越し犠飛で延長制す オリ近鉄ユニ“いてまえ打線”も連敗

西武は17日、敵地でのオリックス戦を7-5で勝利した。延長10回に森の犠飛、中村の8号ソロが飛び出し勝ち越しに成功した。

5回に19号2ランを放った西武・山川穂高【画像:(C)PLM】
5回に19号2ランを放った西武・山川穂高【画像:(C)PLM】

延長10回1死三塁から森が右翼へ勝ち越し犠飛、中村が8号ソロ

■西武 7-5 オリックス(17日・京セラドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! オリックス戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 西武は17日、敵地でのオリックス戦を7-5で勝利した。延長10回に森の犠飛、中村の8号ソロが飛び出し勝ち越しに成功した。

 両チーム無得点で迎えた3回に1死一、三塁から外崎の犠飛で先制。さらに4回は1死一、三塁から栗山の一ゴロの間に1点を加えると、木村の左翼フェンス直撃のタイムリー二塁打でリードを広げた。

 同点の5回には山川の19号2ランで勝ち越しに成功したが、7回に再び追いつかれ試合は振り出しとなり延長戦へ。延長10回に先頭の源田が右中間へ二塁打を放つとワイルドピッチなどで1死三塁。ここで森が右犠飛を放ち勝ち越しに成功。さらに中村が右翼席へ8号ソロを放ちこの回2点を奪った。

 その裏は4番手として登板したヒースが締め2セーブ目。9回に登板し1イニングを無失点で抑えた増田が3勝目を挙げた。

 オリックスはこの日からの3連戦を「KANSAI CLASSIC(関西クラシック)2019」と題し、赤を基調とした1999年の近鉄ビジターユニホームを着用。“いてまえ打線”を継承したがカード初戦を落とした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」