野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー氏の伝説「レーザー」は「全ての外野手の理想」 米メディア改めて絶賛

イチロー氏の伝説「レーザー」は「全ての外野手の理想」 米メディア改めて絶賛

マリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターに就任したイチロー氏がメジャー1年目の2001年に見せた伝説の「レーザービーム」送球。これまで数え切れ合いほどメディアでその映像が再生され、今でも語り草となっている超美技は、メジャーリーガーにとっても憧れのプレーだという。米メディアが「全ての外野手たちが掲げる理想」とあらためて絶賛している。

2001年マリナーズ時代のイチロー氏【写真:Getty Images】
2001年マリナーズ時代のイチロー氏【写真:Getty Images】

2001年に生まれた伝説の送球、実況が発した「レーザービーム」が代名詞の一つに

 マリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターに就任したイチロー氏がメジャー1年目の2001年に見せた伝説の「レーザービーム」送球。これまで数え切れ合いほどメディアでその映像が再生され、今でも語り草となっている超美技は、メジャーリーガーにとっても憧れのプレーだという。米メディアが「全ての外野手たちが掲げる理想」とあらためて絶賛している。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 イチロー氏の伝説の「レーザービーム」が生まれたのは18年前、2001年4月11日のアスレチックス戦。同4月2日に米デビューを果たしたばかりのイチロー氏が、とてつもない送球でメジャーに衝撃を与えた。8回1死一塁の場面。ライト前へのヒットを捕球すると、三塁へ向かって腕を振った。ノーバウンドでのストライク送球。背番号51の右腕から放たれたボールは低い軌道のまま勢いを失わず、三塁手デビッド・ベルのグラブに突き刺さった。

 一塁から三塁を狙ったテレンス・ロングはアウト。解説者が呆れて笑ってしまうほどの強烈な送球に実況は「ゴロとなり、ライトへのヒットです。三塁にテレンス・ロングが向かいます。イチローの送球……美しい送球、彼がアウトにしました! なんということでしょう! イチローからレーザービームのストライクです!」と絶叫。これ以来、「レーザービーム」はイチロー氏の代名詞の一つとなった。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」は、過去の強肩選手を特集する記事を掲載。球界では世代毎に強肩の選手が誕生するものだとして、現代ではアスレチックスのラモン・ラウレアーノ外野手が代表的な選手だとされている。アスレチックスのライアン・クリステンセン外野守備コーチが、ラウレアーノの送球の「正確さ」について「私が目にしてきた“ほとんど”の強肩の選手たちと一線を画す能力」だと力説しているのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」