野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ逆転負け、唐川4失点も井口監督「僕の責任」「信頼して出している」

ロッテは18日、ZOZOマリンスタジアムにて行われた楽天戦で終盤に逆転を許し、6-4で敗れた。

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

ボルシンガーが6回1失点の好投も…8回に逆転許す「うちの勝ちパターンなので」

■楽天 6-4 ロッテ(18日・ZOZOマリン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは18日、ZOZOマリンスタジアムにて行われた楽天戦で終盤に逆転を許し、6-4で敗れた。

 ロッテは初回、1番・荻野の先頭打者本塁打で幸先良く先制すると、2回にその荻野の2点適時二塁打、3回には昨年も乳酸菌ショコラの共催試合で本塁打を放っている4番・井上の6号ソロが飛び出し、序盤で4-0と一気にリードを広げる。

 しかし、「向こうに流れが行ってしまった」と井口監督が振り返った5回。無死二、三塁と絶好の得点機を作りながら無得点に終わると、好投を続けてきた先発ボルシンガーが6回、ウィーラーに10号ソロを打たれ3点差。さらに8回に登板した唐川が先頭打者・辰己を二塁ゴロに打ち取るものの、中村奨が一塁へまさかの悪送球。これでリズムを崩したのか、続く2番・藤田の適時二塁打と3番・浅村の10号2ランで4-4の同点に。さらに4番・島内にも4号ソロを浴び、一挙4失点で逆転を許した。

 井口監督は「うちの勝ちパターンなので、そこは信頼して出しているので僕の責任です」と、15日のオリックス戦に引き続き、失点を許した唐川について言及。「こうやってずっと勝ってきているので、次回はしっかり頑張ってほしい」と変わらぬ信頼を寄せていた。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」