野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・千賀、熊本でトップタイ5勝目 雨で中断も「これで流れが変わると思った」

18日、ソフトバンクの千賀滉大投手が日本ハムを相手に7回1失点の好投を見せ、リーグトップタイとなる5勝目を挙げた。

リーグトップタイとなる5勝目を挙げたソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
リーグトップタイとなる5勝目を挙げたソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

初勝利を挙げた熊本で白星「足が震えていたのを思い出した」

■ソフトバンク 2-1 日本ハム(18日・熊本)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 18日、ソフトバンクの千賀滉大投手が日本ハムを相手に7回1失点の好投を見せ、リーグトップタイとなる5勝目を挙げた。

 やっぱり鷹のエースだ。降りしきる雨、慣れない地方球場のマウンド、1時間の試合中断など、さまざまな悪条件にも負けず7回1失点の好投でチームの連勝に貢献した。

「先制点を与えてしまったのは大きな反省点」と言うが、その1点も三塁ベースに打球が当たる不運な二塁打がきっかけだ。4回終了後、1時間の中断があったが「これで試合の流れが変わると思った」と、ブルペンで投げて集中力を保ち続けた。再開直後の5回表には3者連続三振の圧巻のピッチングで、言葉どおりに流れを変えてみせた。

 熊本のリブワーク藤崎台球場は、2013年にプロ初勝利を挙げた思い出の場所。その日と同じお立ち台からの風景を見て「足が震えていたのを思い出しました」と笑った。「なかなか来られる場所ではないので(勝てて)嬉しいです」と熊本のファンにもしっかりアピール。エースの集中力でチームは3連敗の後、2つ白星を重ねた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」