野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、第1打席は空振り三振 エンゼルスはトラウトの通算250号で先制

大谷翔平、第1打席は空振り三振 エンゼルスはトラウトの通算250号で先制

エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地ロイヤルズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。第1打席は空振り三振に倒れた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

「3番・DH」で5戦連続スタメン、ヒットが出れば6試合連続

■エンゼルス – ロイヤルズ(日本時間19日・アナハイム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地ロイヤルズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。第1打席は空振り三振に倒れた。

 エンゼルスは初回、1死から2番トラウトが通算250号のソロを放ち、先制に成功。3番の大谷は1死走者なしで打席へ。しかし、カウント2-2と追い込まれると、最後は右腕ジュニスの膝下へのスライダーにバットが空を切り、空振り三振に倒れた。

 大谷は、17日の試合で昨季最終戦の9月30日(同10月1日)アスレチックス戦以来、229日ぶりにエンゼルスタジアムで公式戦に出場。4打数1安打で連続試合安打を「5」に伸ばしていた。

 ヒットが出れば6試合連続。本塁打が飛び出せば、今季本拠地初アーチとなる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」