野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • トラウトが通算250本塁打 初回に144メートル特大弾

トラウトが通算250本塁打 初回に144メートル特大弾

エンゼルスのマイク・トラウト外野手が18日(日本時間19日)、9年目で通算250本塁打をマークした。本拠地・ロイヤルズ戦で「2番・中堅」でスタメン出場。初回の第1打席で左中間10号ソロを放ち、大台に到達した。

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】
エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】

本拠地ロイヤルズ戦で左中間10号ソロ

■エンゼルス – ロイヤルズ(日本時間19日・アナハイム)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスのマイク・トラウト外野手が18日(日本時間19日)、9年目で通算250本塁打をマークした。本拠地・ロイヤルズ戦で「2番・中堅」でスタメン出場。初回の第1打席で左中間10号ソロを放ち、大台に到達した。

 初回1死。2ボール2ストライクから右腕・ジュニスの高めへの91.8マイル(147.7キロ)直球を強振。左中間席へ消える10号ソロで先取点をもたらした。飛距離473フィート(144.1メートル)、打球速度113マイル(181.8キロ)、打球角度27度の特大弾だった。

 473フィート弾はスタットキャスト導入された15年以降では同年7月8日の敵地ロッキーズ戦で477フィート(145.3メートル)を放って以来、自身2番目の特大アーチ。今季のメジャー全体では3番目の飛距離となった。

 トラウトは12年から7年連続シーズン20発以上を記録している。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」