野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、今季2号は高々と舞い上がるも本塁打確信「打った瞬間に行くと」

大谷翔平、今季2号は高々と舞い上がるも本塁打確信「打った瞬間に行くと」

エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地ロイヤルズ戦に5試合連続「3番・DH」でスタメン出場し、復帰後本拠地初本塁打となる2号2ランを放った。先制の通算250号ソロを放ったトラウトと5度目のアベック弾で、6-3の勝利に大きく貢献。「打った瞬間に行くと思った」と感触を振り返っている。

第3打席で今季2号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席で今季2号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

トラウトとアベック弾で勝利貢献「打つことによって球場全体の雰囲気が良くなる」

■エンゼルス 6-3 ロイヤルズ(日本時間19日・アナハイム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地ロイヤルズ戦に5試合連続「3番・DH」でスタメン出場し、復帰後本拠地初本塁打となる2号2ランを放った。先制の通算250号ソロを放ったトラウトと5度目のアベック弾で、6-3の勝利に大きく貢献。「打った瞬間に行くと思った」と感触を振り返っている。

 本拠地で待望の一発が飛び出したのは、2点リードで迎えた6回。1死からトラウトが四球を選び、大谷がこの日3度目の打席へ。先発右腕ジュニスの初球の91マイル(約146キロ)の直球を捉えると、打球は高々と舞い上がり、右翼席に飛び込んだ。スタジアムは熱狂に包まれた。

 MLB公式サイトの解析システム「スタットキャスト」によると、打球の角度は39度、最高到達点は152フィート(約46.3メートル)。普通の打者であれば“上がりすぎ”となるかもしれないが、大谷は確信していた。「高く上がりましたけど、打った瞬間に行くんじゃないかなと思いました」。右翼席に到達するという確かな手応えがあった。

 本拠地でのホームランは復帰後初。昨年9月26日(同27日)のレンジャーズ戦以来、234日ぶりのエンゼルスタジアムでの一発に地元ファンは熱狂した。「(本拠地での本塁打は)いいものですね。盛り上がりも素晴らしいなと思いますし、打つことによって球場全体の雰囲気が良くなるので、より勝つ確率が高くなるかなと思います」。まさに球場のボルテージを一気に上げる一発だった。

 これで6試合連続ヒット。しかし、大谷には油断もおごりもない。

「6試合連続で出てますけど、いいところ、悪いところ、やっぱりあると思うので、完璧な試合はなかったですし、悪いところを良くできるように、いいところをさらに良くできるように。そういう毎日を続けたいなと思います」

「いい追加点が取れたので、まずそれが良かったんじゃないかなと思います」と、6-3での勝利に導く一発を自画自賛した大谷。出場した試合は7勝3敗。大谷の復帰でエンゼルスが上昇気流に乗り始めた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」