野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武森、申告敬遠で燃えた! 今季初の6号グランドスラム「素直に嬉しい」

西武の森友哉捕手が19日のオリックス戦(京セラドーム)で第6号満塁ホームランを放った。

特大の満塁弾を放った西武・森友哉【画像:(C)PLM】
特大の満塁弾を放った西武・森友哉【画像:(C)PLM】

1点リードの7回に6号満塁アーチを放ちリードを広げる

■オリックス – 西武(19日・京セラドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の森友哉捕手が19日のオリックス戦(京セラドーム)で第6号満塁ホームランを放った。

 1点リードで迎えた7回、山崎福から1死二、三塁のチャンスを作ると、オリックスは右腕の小林にスイッチ。さらにオリックスベンチは4番の山川に対し、2ボールから申告敬遠で勝負を避け、森との勝負を選択した。

 この場面で、得点圏打率4割とここまで何度も試合を決めてきた森が燃えた。小林が投じた初球のフォークを思い切り振り抜き、これが右翼スタンド上方の5階席に飛び込むグランドスラムとなった。貴重な追加点をあげた森は「素直に嬉しい」と今季初の満塁弾を喜んだが、「この後もしっかり守りたい」とすぐに気を引き締めていた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」