野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

上原浩治の現役引退に米ファンも驚き 「ありがとう、コウジ!」「史上最高の抑え投手」

今季途中で現役を引退することが明らかになった巨人の上原浩治投手。日米通算で初となる100勝100セーブ100ホールドの偉業も成し遂げた右腕の決断にメジャー時代を知る米ファンもショックを受けたようだ。

メジャーの舞台で長年に渡り活躍した上原浩治【写真:Getty Images】
メジャーの舞台で長年に渡り活躍した上原浩治【写真:Getty Images】

Rソックス公式ツイッター&インスタにファンから惜別コメントが届く

 今季途中で現役を引退することが明らかになった巨人の上原浩治投手。日米通算で初となる100勝100セーブ100ホールドの偉業も成し遂げた右腕の決断にメジャー時代を知る米ファンもショックを受けたようだ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 古巣レッドソックスは公式ツイッターとインスタグラムで惜別のメッセージを投稿。ツイッターでは2013年のワールドシリーズ第6戦で上原が最後の打者を空振り三振に仕留め、歓喜の瞬間を迎える動画を、そしてインスタグラムでは歓喜の瞬間を迎えてデビッド・ロス捕手と抱き合う写真を添えた。

「ボソックス/Bosoxのレジェンド」

「史上最高の抑え投手」

「ちょっと待って、何があったの?」

「マジかよ、悲しいな」

「彼に時々顔出してもらわないとね。彼は僕のレジェンドさ!」

「大好きだよ」

「ポストシーズンのウエハラ>ポストシーズンのキンブレル」

「コウジ…あのスプリットはエグかったよ」

「コウジに会いたいよ」

「ありがとう、コウジ!」

「あのスプリットフィンガー」

「コウジ・ウエハラ」

「素晴らしい人間だったね」

 試合を締めればハイテンションでハイタッチを行い、チーム、そしてファンからも愛された上原。日本人右腕の引退を惜しむ声が多く寄せられていた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」