野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人坂本勇、キング単独トップ浮上! 初回先制14号&5回15号、1試合2発

巨人の坂本勇人内野手が、1試合2本塁打でキング争いの単独トップに立った。24日、本拠地での広島戦。初回に先制ソロを放つと、5回には追撃のソロ本塁打を放った。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

2本とも床田のスライダーをバックスクリーン左へ運ぶ

■巨人 – 広島(24日・東京ドーム)

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 巨人の坂本勇人内野手が、1試合2本塁打でキング争いの単独トップに立った。24日、本拠地での広島戦。初回に先制ソロを放つと、5回には追撃のソロ本塁打を放った。

 初回1死で打席に立った坂本勇は1ボール1ストライクからの3球目、広島先発の床田のスライダーを捉え、バックスクリーン左へと先制のソロ。こんき14号でDeNAのソトに並んだ。

 さらに3点ビハインドで迎えた5回、炭谷のソロ本塁打で2点差とすると、坂本勇が1死二塁で打席へ。二塁走者の石川が牽制死したあと、2ボール1ストライクからの4球目、またしても床田のスライダーを捉え、再びバックスクリーン左へと運んだ。15号ソロ。ソトを抜き、本塁打王争い単独トップに立った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」