野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「激怒して…」退場食らったナショナルズ監督、帽子投げ&砂かけ大暴れ

「激怒して…」退場食らったナショナルズ監督、帽子投げ&砂かけ大暴れ

ナショナルズのデーブ・マルティネス監督が、23日(日本時間24日)に行われた敵地メッツ戦で退場処分を食らった。自軍選手がハーフスイングを取られ、その判定に怒りを爆発させて抗議する姿と、その指揮官に退場を宣告する球審の“アクション”が大きな話題となった。

退場処分を受けたナショナルズのデーブ・マルティネス監督(右)【写真:AP】
退場処分を受けたナショナルズのデーブ・マルティネス監督(右)【写真:AP】

米メディア「For the Win」は「退場宣告されたあとに怒りを爆発させた」とレポート

■メッツ 6-4 ナショナルズ(日本時間24日・ニューヨーク)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ナショナルズのデーブ・マルティネス監督が、23日(日本時間24日)に行われた敵地メッツ戦で退場処分を食らった。自軍選手がハーフスイングを取られ、その判定に怒りを爆発させて抗議する姿と、その指揮官に退場を宣告する球審の“アクション”が大きな話題となった。

 指揮官の怒りが爆発したのは、8回だった。先頭のケンドリックがハーフスイングで空振りを取られて三振に。スイングと判定したブルース・ドレックマン球審に、ケンドリックはすぐに抗議し、一塁塁審への確認を求めた。それでも判定が覆ることはなく、ダグアウトに戻る際に暴言を吐いたのか、退場処分を食らった

 この退場にマルティネス監督はベンチから飛び出して猛抗議。だが、球審はこの抗議には応じず、両手をポンと叩き、タメを作ると、勢いをつけるようにして抗議を続けていたマルティネス監督にも退場を宣告した。怒りの収まらない指揮官は帽子をグラウンドに叩きつけるなど、その後もしばらくホーム付近で暴れまわった。

 この退場劇に、米全国紙「USAトゥデー」が展開するスポーツサイト「For the Win」は「ナショナルズのデーブ・マルティネス監督は、退場宣告されたあとに怒りを爆発させた」として、この場面をレポート。「ドレックマン(主審)が否応なくナショナルズのマルティネス監督を退場にすると、彼は激怒してベース上に足で土をかけた。この男は非常にご立腹だ。と同時に、この退場劇は確かにナショナルズに火をつけたようだった」と伝えた。

 ナショナルズはこの回、3点を奪って逆転に成功。だが、その裏、メッツに3点を奪われて再逆転されて敗れた。現在、19勝31敗の借金12でナ・リーグ東地区4位に沈むナショナルズ。成績の低迷で溜まった指揮官の鬱憤が爆発してしまったというところだろうか。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」