野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島2年ぶり10連勝、ヤクルト9連敗 中日ドラ3勝野が初勝利…24日のセ・リーグは?

セ・リーグは24日、各地で3試合が行われ、広島、中日、阪神がそれぞれ勝利した。

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

巨人は坂本勇が2本塁打を放つも、逆転負け

 セ・リーグは24日、各地で3試合が行われ、広島、中日、阪神がそれぞれ勝利した。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 広島は敵地・東京ドームで巨人に快勝し2年ぶりの10連勝を飾った。先制を許すも、2回に鈴木が14号ソロを放って追いつくと、4回にはバティスタの10号ソロなどで勝ち越しに成功。その後もバティスタのこの日2本目の本塁打となる2ランなどでリードを広げた。巨人は先発のヤングマンが5回4安打4失点で降板。その後も失点が続き、坂本勇の2発が空砲に終わった。

 中日は敵地・神宮球場でヤクルトと対戦し、6-1で快勝した。先発のドラフト3位ルーキー勝野が7回途中3安打1失点と好投し、プロ初勝利をマークした。打線では高橋が3回、5回、7回と3打席連続適時打を放って3安打3打点、大島も4打数4安打2打点2得点と活躍した。ヤクルトは泥沼の9連敗。先発の小川は6回3失点と役割を果たしたものの、打線が1得点に終わった。4つの失策を犯し、守備にも乱れが生じた。

 阪神は敵地・横浜スタジアムでDeNAと対戦し3-2で逆転勝ち。先発の西が初回に筒香に2ランを浴びて先制を許したが、4回に福留、6回にマルテが犠飛を放って追いつくと、7回に大山が決勝の適時二塁打を放った。DeNAは痛恨の逆転負け。先発の今永は7回3失点と力投したものの、2回以降、打線が援護できずに逆転された。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」