野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人坂本勇が16号2ラン、2位鈴木に2差 広島レグナルトは20戦目で来日初自責

巨人の坂本勇人内野手が25日、本拠地・広島戦の8回にリーグトップを“独走”する16号2ランを放ち、広島の左腕レグナルトに来日初自責をつけた。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

2点差に迫る2ラン、巨人は8回一挙4得点で2点差に

■巨人 – 広島(25日・東京ドーム)

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 巨人の坂本勇人内野手が25日、本拠地・広島戦の8回にリーグトップを“独走”する16号2ランを放ち、広島の左腕レグナルトに来日初自責をつけた。

 ジョンソンに7回まで1得点に抑え込まれていた巨人。しかし、6点を追う8回に先頭・山本のソロ弾で同点に追いつくと、小林の四球、陽岱鋼の二塁打で無死二、三塁に。広島はここで開幕から19試合登板で防御率0.00のレグナルトを送り込んだ。

 しかし、巨人は中島の犠飛で1点を奪うと、坂本勇はフルカウントから146キロの直球を捉え、左中間スタンド上段に運んだ。本塁打ランキング2位の広島鈴木の目の前で、2本差をつける16号を放った。

 巨人はこの回4得点で一気に2点差に。レグナルトには日本で初めての自責がついた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」