野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武、4点差ひっくり返され逆転負け 辻監督は自らの“判断”悔やむ「俺のミス」

西武、4点差ひっくり返され逆転負け 辻監督は自らの“判断”悔やむ「俺のミス」

西武は26日の日本ハム戦(メットライフ)で4点差をひっくり返され、5-6で逆転負けを喫した。先発のドラフト1位ルーキー・松本航は19日の初勝利から中6日で登板し、6回途中2失点と試合を作ったが、リリーフ陣がリードを守り切ることができなかった。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

6回途中2失点のドラ1松本航には「あそこまでよく踏ん張った」と評価

■日本ハム 6-5 西武(26日・メットライフ)

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 西武は26日の日本ハム戦(メットライフ)で4点差をひっくり返され、5-6で逆転負けを喫した。先発のドラフト1位ルーキー・松本航は19日の初勝利から中6日で登板し、6回途中2失点と試合を作ったが、リリーフ陣がリードを守り切ることができなかった。

 辻監督は先発した松本航について「球数が多すぎる。慎重になりすぎなのか、もっと大胆に(攻めてほしい)」と5回2/3を投げるのに121球を要したルーキー右腕に注文をつけたが、「それでもあそこまでよく踏ん張った。よく投げてくれた」と力投を労った。

 この日は2点リードで迎えた7回に3番手で登板した平井が2死一、三塁から清宮にタイムリーを浴び同点とされると、8回には4番手のマーティンが連打を浴び勝ち越しを許した。辻監督は、マーティンが近藤に勝ち越しタイムリーを浴びた場面について「(歩かせるか勝負するか)もっとはっきりさせればよかった。俺のミス。甘く行って打たれてしまった」と肩を落とした。

 打線は相手の失策も絡み序盤に4点を先制。2点ビハインドとなった終盤もチャンスを作り反撃の姿勢を見せた。連勝は5でストップとなったが、「2勝1敗でこのカードを勝ち越せて御の字ですよ」と指揮官の表情は穏やかだった。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」