野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星はなぜ、カーブを狙い打たれたのか? アスレチックスの策略とこれからの課題

菊池雄星はなぜ、カーブを狙い打たれたのか? アスレチックスの策略とこれからの課題

25日(日本時間26日)に行われた敵地アスレチックス戦に先発したマリナーズの菊池雄星投手。同地区のアスレチックスを相手に3回1/3を投げて10安打5失点(自責点は4)と、1回限定の“ショートスタート”だった4月26日を除き、今季12試合目の先発で最短の降板となった。

マリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
マリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

「90マイルいくかいかないかのストレートは、躍動感や腕の振りも弱かった」

■アスレチックス 6-5 マリナーズ(日本時間26日・オークランド)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 菊池雄星を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 25日(日本時間26日)に行われた敵地アスレチックス戦に先発したマリナーズの菊池雄星投手。同地区のアスレチックスを相手に3回1/3を投げて10安打5失点(自責点は4)と、1回限定の“ショートスタート”だった4月26日を除き、今季12試合目の先発で最短の降板となった。

 連敗を止めるピッチングはできなかった。最近6試合の登板で、チームが負けたのは僅かに1試合。菊池にかかる期待は大きかった。しかし、この日は試合前のブルペンから大乱調。カーブ、スライダーともに制球が定まらず、直球は捕手がジャンプしても届かない大暴投もあった。こんな状態で上がったマウンドで、菊池は相手の徹底した「狙い打ち」に苦しめられた。

 その策は初回の凡打にはっきりと見て取れた。1回無死一塁で、菊池は2番ピンダ―を三ゴロ併殺に打ち取ったが、初球のカーブを躊躇なく引っ張ったもの。これがピンダーにとっては拙攻で括れない“生産的なアウト”だった。3回の次打席ではカーブを再び強振し、追加点に繋がる左前安打を放った。許した10安打のうち4安打は、右打者に打たれたカーブ。そこを問われた菊池は怪訝な顔で振り返った。

「今までカーブを有効に使ってきましたが、どんなカウントで投げても待たれているとう感じがすごくあった。(体勢が)崩れることなく狙い澄ましたかのように綺麗に打たれたのは、今までとの違いとしてありました」

 キレのない直球も狙われていた。この日右打席に立つ7人の打者が、意識として持っていたのは外角直球の右方向狙い。1回2死から3番のチャップマンに被弾した一打をはじめ、3回先頭のセミエンが放った右飛も、さらには、その回に四球を選んだ5番カナの初球のファウルも、その狙い球を打ち損じたものだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」