野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武・辻監督、痛恨の逆転負けを悔やむ 逆転弾を許した今井に「強くならないと」

西武が28日の楽天戦(盛岡)で痛恨の逆転負けを喫した。先発・今井が6回まで無安打ピッチングを披露したが、7回に崩れブラッシュに3ランを浴び逆転を許した。打線は楽天先発・塩見に対しソロ2本のみと好機を活かせず、今井を援護できなかった。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

先発の今井は6回までノーヒットピッチングも7回に崩れる

■楽天 7-2 西武(28日・盛岡)

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 西武が28日の楽天戦(盛岡)で痛恨の逆転負けを喫した。先発・今井が6回まで無安打ピッチングを披露したが、7回に崩れブラッシュに3ランを浴び逆転を許した。打線は楽天先発・塩見に対しソロ2本のみと好機を活かせず、今井を援護できなかった。

 試合後、辻監督は「今井は素晴らしかった。ノーアウトで二、三塁になって同点は覚悟したけど、ホームランはね。結果だししょうがない」と逆転の場面を振り返り、「そのあともう少し踏ん張ってくれれば。強くならないと」と本塁打を浴びた後の失点を悔やんでいた。

 勝負を分けたのは逆転本塁打を浴びた直後の7回2死満塁の場面だ。二塁走者の辰己が飛び出し、平井が慌ててセカンドに送球したがその間に三塁走者の島内がホームスチールで生還。セカンドの外崎がバックホームを急いだが送球が逸れ、二塁走者の生還も許し2点を失った。指揮官は「まんまとひっかかったね。ホームにうまく投げていたとしても、セーフだったか、アウトだったか……。冷静さがなかった」とため息をついていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」