野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 米記者に“モノノフ”誕生? 田中将大そっちのけ、ももクロ情報次々レポート

米記者に“モノノフ”誕生? 田中将大そっちのけ、ももクロ情報次々レポート

28日(日本時間29日)のパドレス戦で4敗目を喫した田中将大投手。この日ヤンキースタジアムで注目を集めたが、観戦に訪れていたアイドルグループ「ももいろクローバーZ」。ニューヨークの地元紙記者は自身のツイッターで、ヤンキース情報そっちのけで“ももクロ情報”をレポートした。

パドレス戦で今季4敗目を喫したヤンキース田中将大【写真:Getty Images】
パドレス戦で今季4敗目を喫したヤンキース田中将大【写真:Getty Images】

現地に観戦に訪れたももいろクローバーZの前で白星はならなかった田中

■パドレス 5-4 ヤンキース(日本時間29日・ニューヨーク)

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 ヤンキースの田中将大投手は28日(日本時間29日)、本拠地のパドレス戦に先発し4敗目を喫した。初回に味方のエラー絡みで一気にに4点を失うと、6回を投げて9安打5失点。チームも5-4で競り負け、田中が敗戦投手となった。

 初回、先頭ガルシアの三塁ゴロをルメイヒューが失策。いきなり出鼻を挫かれると、続くレイエスに右前打を浴びると、マチャドに適時打を許して先制点を奪われた。さらにホズマーに3ランを被弾し、1アウトも取れないまま、いきなり4点を失った。

 その後は粘り強い投球を見せた田中だったが、6回にガルシアにセーフティースクイズを決められて5点目を失い降板。味方打線もビハインドをはね返せずに、今季4敗目を喫した。

 6回を投げて9安打5失点だった田中だが、この日、田中の投球以上にヤンキースタジアムで注目を集めた存在がいた。それが、田中が大ファンで親交があり、登場曲として使用する「ももいろクローバーZ」。この日、現地に観戦に訪れており、米メディアも大きくその存在を取り上げた。

 その中でも、ニューヨークの地元紙「ニューズデイ」のヤンキース担当記者アンソニー・リーバー氏は自身のツイッターで、ヤンキース情報そっちのけで“ももクロ情報”をレポートした。

「彼女ら(ももいろクローバーZ)には5人のメンバーがいたが、そのうちの1人が“卒業”している」

「また、2015年には、ももいろクローバーZはバンド『Kiss』とシングルでコラボした。それは“夢の浮世に咲いてみな”と呼ばれる曲だ」

「ももいろクローバーZは“YMCA”の曲に合わせてダンスしていただろうか? ダンスしていたよ」

「ももいろクローバーZでさえ、ヤンキースタジアムでの雨を止めることができない」

 次々に“モノノフ”ばりに、ももクロ情報を発信し続けたリーバー記者。試合終了後には、負け投手となった田中がダグアウトから出て、ももクロメンバーと写真を撮ったことも伝えていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」