野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島・鈴木誠也、初回に先制15号2ラン! 3冠王も視界に

広島の鈴木誠也外野手が29日、ヤクルト戦(神宮)で先制15号2ランを放った。

先制2ランを放った広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】
先制2ランを放った広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

ヤクルト戦の初回に左腕・高橋からバックスクリーン弾

■ヤクルト – 広島(29日・神宮)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 広島の鈴木誠也外野手が29日、ヤクルト戦(神宮)で先制15号2ランを放った。

 初回2死一塁。左腕・高橋の初球、150キロ直球をとらえた。バックスクリーンへ消える一発は先制の15号2ランとなった。

 24日の巨人戦以来4試合ぶりの一発。本塁打はリーグ単独2位となり、同トップの巨人・坂本勇人(16本)に1本差に迫った。試合前まで打率.354、38打点はリーグ2冠。3冠王を視界に捉える一発となった。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」