野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、第2打席は174キロ痛烈ゴロで名手の失策誘う 第1打席は四球→生還

大谷翔平、第2打席は174キロ痛烈ゴロで名手の失策誘う 第1打席は四球→生還

エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で6試合連続でスタメン出場。第1打席は四球を選び、味方のタイムリーで生還すると、第2打席は痛烈なゴロで三塁の名手チャップマンのエラーを誘った。

初回に味方のタイムリーで生還したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
初回に味方のタイムリーで生還したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

「3番・DH」で6試合連続出場

■アスレチックス – エンゼルス(日本時間30日・オークランド)

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で6試合連続でスタメン出場。第1打席は四球を選び、味方のタイムリーで生還すると、第2打席は痛烈なゴロで三塁の名手チャップマンのエラーを誘った。

 大谷は初回、1死一塁で「オープナー」として先発した右腕ヘンドリクスから四球を選び、その後、2死満塁でプエーロがライト前への先制2点タイムリー。二塁走者の大谷も生還した。

 2-0で迎えた3回は1死走者なしで2番手右腕メングデンと対戦。2ボール1ストライクから、93マイル(約150キロ)の直球を打つと、三塁への痛烈なゴロに。正面への当たりだったものの、昨季ゴールドグラブ賞の名手チャップマンが捕球できず。失策で出塁した。MLB公式サイトの解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度は108マイル(約174キロ)だった。その後、ルクロイとカルフーンは倒れ、得点にはつながらなかった。

 前日28日(同29日)の同戦にも「3番・DH」で出場した大谷は、2回一、二塁で一塁への内野安打を放つと、9回の第5打席では決勝の右前2点タイムリー。5打数2安打2打点と11試合ぶりのマルチ安打で、6-4での勝利に大きく貢献していた。この試合の前まで18試合に出場し、71打数17安打、打率.239、2本塁打、11打点の成績を残している。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」