野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • レッズ監督、主砲への死球に怒り爆発で退場「あのチームはわざとぶつける」

レッズ監督、主砲への死球に怒り爆発で退場「あのチームはわざとぶつける」

レッズのデビッド・ベル監督が29日(日本時間30日)の本拠地パイレーツ戦で退場処分となった。自軍選手への死球の後に審判に猛抗議したもので、試合後には相手投手が故意にぶつけたと地元メディアに熱弁を振るい、怒りを露わにしている。

本拠地でのパイレーツ戦で退場処分を受けたレッズのデビッド・ベル監督【写真:Getty Images】
本拠地でのパイレーツ戦で退場処分を受けたレッズのデビッド・ベル監督【写真:Getty Images】

7点差の8回にスアレスに死球「わざと選手にぶつけてくる。それはわかっている」

■パイレーツ 7-2 レッズ(日本時間30日・シンシナティ)

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 レッズのデビッド・ベル監督が29日(日本時間30日)の本拠地パイレーツ戦で退場処分となった。自軍選手への死球の後に審判に猛抗議したもので、試合後には相手投手が故意にぶつけたと地元メディアに熱弁を振るい、怒りを露わにしている。

 問題の投球があったのは8回だ。パイレーツが7-0とリード。試合の勝敗はほぼ決まっている場面で、右腕ホルムズが投じた内角高めへの95マイル(約153キロ)の初球が先頭スアレスの左手付近に当たった。スアレスは痛みに顔を歪め、怒りの表情で一塁へ。その後、代走を送られて交代した。そして、スアレスに付き添って一塁まで歩いていったベル監督は、球審に抗議して退場処分に。場内は騒然となった。

 試合後、試合を中継していた地元テレビ局「FOXスポーツ・オハイオ」は公式ツイッターでベル監督の会見の様子を公開。現役時代にはマリナーズでもプレーし、イチローの伝説の「レーザービーム」送球を受けた三塁手としても知られる熱血漢は、怒りを隠せなかった。

「彼らが故意にそうしてくる(死球を当てる)と、我々はわかっている。(抗議したのは)選手を守るために、私ができることをしたということ。明らかに我々は今後守られていくことはない。だから、我々ができることだったら何だってする。自分のことは自分で何とか(対処)しないといけない。選手が守られていくことはないというのは残念なことだ。それは既に分かりきっている。あのチーム(パイレーツ)はわざと選手にぶつけてくる。それはわかっている」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」