鷹・中村晃、復帰即「7番・右翼」で起用へ 工藤監督「早速出てもらいます」

ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】

自律神経失調症から1軍復帰、楽天戦で即スタメンへ

■ソフトバンク – 楽天(31日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクに頼れる選手が帰ってくる。自律神経失調症の発症を発表し、ファームで調整が続いていた中村晃外野手が31日に1軍に合流。工藤公康監督は、全体練習時に1軍登録即スタメン起用することを明言した。

 3月下旬に自律神経失調症であることを発表した中村は、ファームでリハビリを続け4月には3軍戦で実戦復帰。その後、2軍戦にも13試合出場し、打率.333、4打点を記録。ファームの遠征にも同行して、普通に試合出場をこなしてきた。

 本拠地・楽天戦の試合前練習でグラウンドに姿を見せた工藤監督は「登録(手続き)をしました。早速出てもらいます」と「7番・右翼」でのスタメン起用を明言。「元気にやってくれることが何よりですし、本人が前を向いてくれたことが何よりですね。これからもいろいろとフォローしながらやっていきます」と続けた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY