野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA今永、7回今季最多11K無失点で6勝目の権利 14連敗中のヤクルトに容赦ない快投

DeNAの今永昇太投手が31日、今季6勝目をかけてヤクルト戦(横浜)で先発。7回まで今季最多11三振を奪い、3安打無失点と好投した。

DeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】
DeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】

6勝目をかけ、7回11K3四球3安打無失点

■DeNA – ヤクルト(31日・横浜)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 DeNAの今永昇太投手が31日、今季6勝目をかけてヤクルト戦(横浜)で先発。7回まで今季最多11三振を奪い、3安打無失点と好投した。

 初回、2回と3者凡退と順調な立ち上がり。3回は先頭・中村を四球で出したものの、後続を3人斬りした。5回も先頭・バレンティンに初安打となる中前打を許したものの、痛打を許さなかった。

 6回は2死から青木の左前二塁打、山田の四球で初めてピンチを迎えたものの、4番の村上を中飛に抑えた。7回は2死から中村悠の二塁打などで一、二塁としたものの、代打・雄平を空振り三振に仕留めた。

 7回122球、11奪三振3四球、3安打無失点。7回裏の打席で代打を送られ勝利投手の権利を持って降板した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」