野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日高橋、日本新記録ならず 5の2で月間9度目の猛打賞に届かず

中日の高橋周平内野手が31日、中日戦(東京ドーム)で「5番・三塁」で先発出場。3回に勝ち越し2点二塁打を放つなど5打数2安打3打点をマークしたものの、月間9度目の猛打賞の日本新記録はならなかった。

中日・高橋周平【写真:荒川祐史】
中日・高橋周平【写真:荒川祐史】

巨人戦で5打数2安打3打点

■中日 7-3 巨人(31日・東京ドーム)

【動画】ドアラが危ない! 広島・鈴木誠也の特大弾がドアラを襲った衝撃シーン

 中日の高橋周平内野手が31日、中日戦(東京ドーム)で「5番・三塁」で先発出場。3回に勝ち越し2点二塁打を放つなど5打数2安打3打点をマークしたものの、月間9度目の猛打賞の日本新記録はならなかった。

 3回の第2打席で左中間へ勝ち越し2点二塁打。5回の第3打席では右越え4号ソロを放って王手をかけていた。7回の第4打席は遊ゴロ、9回の第5打席は空振り三振に倒れて、快挙達成はならなかった。

 これまで5月だけで日本タイ記録の8度の猛打賞をマーク。川上哲治、イチローら偉大な安打製造機に並んでいた。

 チームは7-3で快勝。連敗を2で止めた。巨人は3連敗。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」