野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム加藤、7回までノーノー快投も…8回先頭の山足に中前打を浴び快挙ならず

日本ハムの加藤貴之投手が31日の敵地オリックス戦で7回までノーヒット投球も、8回先頭の山足にヒットを浴び、快挙はならなかった。

日本ハム・加藤貴之【画像:(C)PLM】
日本ハム・加藤貴之【画像:(C)PLM】

日本ハムが3点を追加した直後の8回に初ヒット許す

■オリックス – 日本ハム(31日・京セラドーム)

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 日本ハムの加藤貴之投手が31日の敵地オリックス戦で7回までノーヒット投球も、8回先頭の山足にヒットを浴び、快挙はならなかった。

 加藤は4回までパーフェクト投球。5回2死から白崎に四球を与え、初めての走者を出したが、山足を二ゴロに仕留めた。6回は四球と自身のエラー、悪送球で2死二、三塁のピンチを招くも、大城を空振り三振で無失点。7回は3者凡退に抑え、わずか86球、ノーヒットで7回を投げ終えた。

 日本ハム打線が3点を追加し、4点リードで迎えた8回。大記録への期待が高まる中、加藤は先頭・山足に1ボールからの直球をセンター前に運ばれ、初ヒットを許した。ここで栗山監督が降板を告げたが、8回途中1安打の快投だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」