大谷翔平、第1打席はシフトにかかって166キロ遊ゴロ 2試合ぶり3番先発

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

1日の敵地・マリナーズ戦で「3番・DH」で先発出場

■マリナーズ – エンゼルス(日本時間1日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手が5月31日(日本時間1日)、敵地・マリナーズ戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりにスタメン出場。初回の第1打席は遊ゴロに倒れた。

 初回2死。1ボール2ストライクから、先発右腕リークのチェンジアップを打ち返した。103マイル(約165.7キロ)の強烈な打球だったが、一、二塁間に内野手を3人配置していたシフトの網にかかって遊ゴロに打ち取られた。

 前日30日のマリナーズ戦で7試合ぶりに欠場。花巻東の先輩にあたる菊池雄星とのメジャー初対決はお預けとなっていた。試合前まで76打数18安打の打率.237、2本塁打、11打点。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY