野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ井上が9号2ラン、“お得意様”の西武榎田から通算4発目「大事に行こうと」

ロッテの井上晴哉内野手が1日の西武戦(ZOZOマリン)で3回に左中間スタンドに飛び込む9号2ランを放った。

9号2ランホームランを放ったロッテ・井上晴哉【画像:(C)PLM】
9号2ランホームランを放ったロッテ・井上晴哉【画像:(C)PLM】

ロッテは5回に逆転に成功

■ロッテ – 西武(1日・ZOZOマリン)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテの井上晴哉内野手が1日の西武戦(ZOZOマリン)で3回に左中間スタンドに飛び込む9号2ランを放った。

 2点を追加された直後の3回、井上は1死一塁で打席に入ると、榎田が投じた低めの変化球をすくい上げ左中間スタンドに豪快に放り込んだ。榎田との対戦は試合前の時点で17打数7安打3本塁打と好相性の井上。この日も“お得意様”からしっかりと結果を残し、1点差に迫った。

 井上は「前の打席も三振していたので、この打席は大事に行こうと思っていた。すぐに点を返せたのは良かったと思うので、最後まで諦めないで逆転できるように頑張ります」と言葉に力を込めた。その言葉通り、ロッテは5回にレアードの犠牲フライで同点に追くと、中村のニゴロの間に勝ち越しに成功した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」