野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人阿部が史上19人目の通算400本塁打 捕手では野村克也氏以来の偉業

巨人の阿部慎之助捕手が1日、本拠地・中日戦の6回に史上19人目の通算400号本塁打を放った。巨人はこの回、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手の満塁弾で同点に追いつき、阿部のメモリアル弾で勝ち越した。

巨人・阿部慎之助【写真:Getty Images】
巨人・阿部慎之助【写真:Getty Images】

ビヤヌエバの満塁弾で同点に追いついた直後のメモリアル弾

■巨人 – 中日(1日・東京ドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人の阿部慎之助捕手が1日、本拠地・中日戦の6回に史上19人目の通算400号本塁打を放った。巨人はこの回、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手の満塁弾で同点に追いつき、阿部のメモリアル弾で勝ち越した。

 3連敗中の巨人は先発メルセデスが2回途中4失点でKO。苦しいスタートとなった。しかし、ピッチャーが先発・清水から小熊に代わった6回に無死満塁の好機を作る。中日はここで田島をマウンドに送ったが、ビヤヌエバが初球の直球を完璧にとらえ、バックスクリーンに運ぶ同点の満塁弾を放った。

 さらに、5回に代打で出場し、そのまま一塁の守備に入っていた阿部が2度目の打席へ。田島の142キロの直球をライトスタンドに運んだ。ダイヤモンドを一周した阿部は、原監督と抱擁。花束を受け取り、ベンチでも笑顔が弾けた。

 ついに今季1号。400本塁打は捕手としては野村克也氏以来の偉業となった。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」