野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天が連勝で単独首位、ロッテ劇的サヨナラで連敗ストップ…1日のパ・リーグは?

パ・リーグは1日、3試合が行われ、ロッテ、楽天がそれぞれ勝利。オリックス-日本ハムは熱戦の末に引き分けに終わった。

楽天・平石監督【写真:荒川祐史】
楽天・平石監督【写真:荒川祐史】

日本ハムは価値ある引き分けで3位タイ浮上、ホークスは首位陥落

 パ・リーグは1日、3試合が行われ、ロッテ、楽天がそれぞれ勝利。オリックス-日本ハムは熱戦の末に引き分けに終わった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ロッテは本拠地・西武戦で劇的なサヨナラ勝ち。8-7で熱戦を制し、連敗を4で止めた。乱打戦となった試合は、7-7で延長戦に突入。ロッテは唐川が10回を無失点に抑えると、その裏に2死一、二塁とチャンスを作り、鈴木が西武平井からサヨナラ打。鈴木は初回にも2ランを放つなど、3打点と活躍した。唐川は今季3勝目(3敗)。西武は先発・榎田が4回6失点(自責4)。7回に森脇が1点差を追いつかれると、最後は平井が打たれた。平井は今季初黒星となった。

 楽天は敵地でのソフトバンクとの首位攻防戦に6-5で競り勝ち、2連勝で単独首位に立った。初回に浅村の左前適時打で先制すると、銀次の適時内野安打、ブラッシュの左越え16号2ランで一挙4点を奪取。1点差に迫られた7回は2死満塁から島内が右前2点打を放った。先発の岸は6回4安打3失点で今季初勝利。守護神の松井が15セーブ目を挙げた。ソフトバンクは高橋礼が7回途中10安打6失点と誤算。打線の反撃も届かず、首位から陥落した。

 日本ハムは敵地オリックス戦に8-8で引き分け、3位タイに浮上した。3点を追う9回、2017年まで日本ハムに所属していた守護神・増井から大田がバックスクリーン左へ同点の9号3ラン。延長12回2死二塁では山足の中越えへの飛球を中堅・西川が快足を飛ばして好捕し、価値ある引き分けをつかんだ。オリックスは6回に大城のニゴロで勝ち越し、8回には吉田正の11号ソロなどで2点を奪ったが、9回の増井が誤算。延長12回1死二塁の好機も生かせず、連敗ストップはならなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」