ベース投げ、ほふく前進、投げキス…12年前の“爆笑退場劇”が脚光 「オスカーに値」

12年前にマイナーリーグの試合で生まれた爆笑退場劇が再脚光(画像はスクリーンショット)
12年前にマイナーリーグの試合で生まれた爆笑退場劇が再脚光(画像はスクリーンショット)

ストライク、ボールの判定に不服の指揮官がやりたい放題の一人舞台を披露

 米で12年前の“爆笑退場劇”再び脚光を浴びている。ちょうど12年前のこの日、ブレーブス傘下2Aのミシシッピ・ブレーブスのフィリップ・ウェルマン監督がストライク判定に不服しベース投げ、マウンドほふく前進など“やりたい放題”の退場劇をMLB公式サイト内の人気コーナー「Cut4」公式ツイッターが伝えている。

 衝撃の退場劇が起こったのは2007年6月1日(日本時間2日)のブレーブス傘下2Aミシシッピ対レッズ傘下2Aチャタヌーガ戦だった。ミシシッピのフィリップ・ウェルマン監督はストライク、ボールの判定を不服として球審に抗議。あまりにも度が過ぎた抗議により退場処分となり3試合の出場停止処分となった。

 ウェルマン監督は球審に詰め寄り激しい口調で抗議すると、まずホームベースを土で隠し自らの手で大きなホームベースを描きストライクゾーンが広いことを指摘。さらに三塁、二塁ベースを外し放り投げるパフォーマンス、ほふく前進してマウンドに向かいロージンバックを手にすると球審に投げつけるなどやりたい放題。

 最後は外野フェンスの扉から球場を出ることになったが観客に向け両手で投げキッス、最後は拳を握りしめると大歓声を浴びながら球場から姿を消した。

「Cut4」公式ツイッターは「12年前の今日、フィル・ウェルマンは退場させられたことについて、ほんのちょっぴりイライラしている」とコメントを添え“爆笑退場”動画を公開。ファンからは驚きと爆笑のコメントが寄せられた。

「ワォ、これは彼が(予め)脚本を書いて、一通り演じさせてもらったかのようだね」

「オスカーに値する」

「このことで彼をハグできたらいいなぁ」

「これは依然として私が見た中で史上最高だ」

「史上最高のコーチ」

「その時(チャタヌーガ)ルックアウツで働いていたんだけど、生で見ていてとても面白かったよ」

「伝説的」

「なんてこった。どうやったら僕はこれを前に一度も見たことが無いっていうんだ!? このおかげで今日が良い日になったよ」

 ウェルマン監督が見せた一人舞台に「オスカーに値する」と絶賛するファンの姿も。史上最高の退場劇としてファンからも愛されているようだ。

【動画】ベース投げ、投げキス、ほふく前進…やりたい放題で退場した2A監督の“爆笑退場劇”一部始終

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY