ヤクルト、ついに…連敗「16」でストップ! 21日ぶりの白星にベンチ沸く

ヤクルト・小川淳司監督【写真:荒川祐史】
ヤクルト・小川淳司監督【写真:荒川祐史】

5月12日の巨人戦以来、21日ぶりの白星を挙げたヤクルト

■ヤクルト 5-2 DeNA(2日・横浜)

 ヤクルトは2日、敵地でのDeNA戦を5-2で勝利し連敗は「16」でストップさせた。初回に大引の走者一掃となるタイムリー二塁打で3点を先制、投げては原が6回2/3、5安打1失点の好投で3勝目を挙げた。チームは5月12日の巨人戦以来、21日ぶりの勝利を挙げた。

 ヤクルトは初回に2死満塁から大引の走者一掃となる右中間へのタイムリー二塁打で3点を先制。2回は1死二塁から塩見のタイムリー三塁打、3回もバレンティンの13号ソロでリードを広げた。

 投げては先発の原が6回2/3、5安打1失点の力投で3勝目を挙げチームの連敗を「16」でストップさせた。

 前日の同戦で敗れセ・リーグ記録にもなる1970年の球団ワーストに並ぶ16連敗を喫した。5月12日の巨人戦で勝利をして以来、21日ぶりの勝利を挙げ不名誉な記録に終止符を打った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

CATEGORY