野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人連勝、坂本勇が2打席連発でセ“独走”19発&山口5勝目 中日は打線沈黙

巨人は2日、本拠地・中日戦に3-1で勝利し、2連勝を飾った。坂本勇が2本塁打を放ち、リーグトップ独走の19発に。投げては山口が7回4安打1失点(自責0)と好投して5勝目(2敗)を挙げた。

巨人・原監督【写真:Getty Images】
巨人・原監督【写真:Getty Images】

坂本勇が全打点挙げる活躍、ホームランは2位の広島鈴木に4本差に

■巨人 3-1 中日(2日・東京ドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 巨人は2日、本拠地・中日戦に3-1で勝利し、2連勝を飾った。坂本勇が2本塁打を放ち、リーグトップ独走の19発に。投げては山口が7回4安打1失点(自責0)と好投して5勝目(2敗)を挙げた。

 先制したのは中日だった。初回、2死二、三塁の場面で高橋の三ゴロをビヤヌエバがファンブル。巨人のミスで1点を奪った。

 しかし、巨人は3回、1死から坂本勇が同点ソロ。今季18号で追いついた。さらに、5回は無死一塁で坂本勇が再び快音を響かせ、左翼席に運ぶ今季19号。2打席連発となる2ランで勝ち越しに成功した。坂本勇はリーグ2位の広島鈴木に4本差として“独走態勢”に入った。

 山口は二塁打2本を浴びるも、7回4安打1失点(自責0)の好投。救援陣もリードを守り、巨人は3連敗の後、2連勝を飾った。

 中日はロメロが6回3失点で4敗目(3勝)。打線は山口に抑え込まれ、2連敗を喫した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」