野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス椎野、圧巻の2回6K 見逃し三振が4つも「空振りの方が好きです」

2日の楽天戦でソフトバンクの3番手として登板した椎野新投手が、2回を投げて奪ったアウトはすべて三振という圧巻の投球を見せた。

ソフトバンク・椎野新【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・椎野新【写真:藤浦一都】

アウトは全て三振の快投「交流戦に向けて一番いい準備できた」

■楽天 4-1 ソフトバンク(2日・ヤフオクドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 2日の楽天戦でソフトバンクの3番手として登板した椎野新投手が、2回を投げて奪ったアウトはすべて三振という圧巻の投球を見せた。

 大卒2年目の長身右腕がマウンドで存分に力を発揮した。6回から登板すると、堀内、茂木、渡邊をすべて見逃し三振。7回表には浅村から空振り三振、ウィーラーは見逃し三振、銀次にライト前ヒットを打たれたものの、最後はブラッシュを空振り三振に仕留めた。2回を投げて6奪三振の内容だ。

「真っ直ぐでファウルを取れると思って、どんどん投げていこうと思いました。コースも高さも狙ったところにいけました」と手応えも十分。自らの強みを「真っ直ぐが一番」といい「そこを消さない投球をしていくだけ。先発した時(5月14日の西武戦)は真っ直ぐを消し気味だったので」と椎野。この日の投球に「交流戦に向けて一番いい準備ができました」と満足気だ。

 最後に空振り三振と見逃し三振ではどちらが好きかと尋ねると「空振りの方が好きです」と素直な笑顔を見せていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」