野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【幕張の涼風~M☆Splash!!通信】ダンス大好き、子供大好き! “生え抜き”リーダーの理想のお仕事

千葉ロッテマリーンズは今季、チームスローガンに掲げた「マウエ↑」のごとく、昨季5位から一気に9年ぶり日本一を目指している。例年にも増して混戦模様のパ・リーグで一歩も譲らぬ争いをしているチームを、元気いっぱいのパフォーマンスで応援するのが、チアパフォーマー「M☆Splash!!」だ。

M☆Splash!!リーダーのASUKA(あすか)さん【写真:佐藤直子】
M☆Splash!!リーダーのASUKA(あすか)さん【写真:佐藤直子】

保育士の免許も持つASUKAさん「2つの好きを一緒に叶えられています」

 千葉ロッテマリーンズは今季、チームスローガンに掲げた「マウエ↑」のごとく、昨季5位から一気に9年ぶり日本一を目指している。例年にも増して混戦模様のパ・リーグで一歩も譲らぬ争いをしているチームを、元気いっぱいのパフォーマンスで応援するのが、チアパフォーマー「M☆Splash!!」だ。結成16年目を迎える今季は19人のメンバーで球場を盛り上げる「M☆Splash!!」メンバーを、「Full-Count」では定期的にご紹介。第2回に登場するのは、リーダーの「ASUKA(あすか)」さんだ。

 リーダーを任されて2年目。「チーム力をすごく大切にしています」と話すASUKAさんは、かつてマリーンズ・ダンスアカデミー(MDA)に通っていた“生え抜き”でもある。「M☆Splash!!」に入って今年で5年目。「入ったばかりの時は右も左も分からなくて。先輩にたくさん教えてもらいました」と話すが、年数を重ねるにつれて「やり甲斐を感じると同時に、ここで踊れるのは当たり前じゃないっていうのをすごく感じています」と感謝の気持ちが沸いている。

 幼い頃からダンスが大好き。数多くあるジャンルの中でチアダンスに惹かれて小学生の時にMDAに入った。アカデミーのインストラクターを務める“お姉さん”たちがマリンスタジアムで踊ったり、地域のイベントに参加し活躍する姿に「格好いいな。自分もああいう存在になりたいな」と思いをふくらませ、「M☆Splash!!」を受験、見事合格した。

「最初は全然実感が沸かなくて『あれ、私受かったの?』という感じだったんです。まさか自分がメンバーになれるとは思っていなかったので(笑)。でも、実際活動を始めてマリンスタジアムで踊ってみると、アカデミーの時に踊っていた時と、同じ場所なんですけど全く違う気持ちが沸いてきました。今までは見て憧れる立場だったのが、今度は自分が憧れられる存在になったんだって。パフォーマンスはもちろん立ち居振る舞いも、1つ1つが子供たちに憧れられるようになりたいと思っています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」