野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ井上の“恩返し”―2戦連発10号、2軍降格時は若手に「打席をもらっていた」

ロッテの井上晴哉内野手が2日の西武戦(ZOZOマリン)で2ラン含む3安打猛打賞でチームのカード勝ち越しに貢献した。

ロッテ・井上晴哉【写真:荒川祐史】
ロッテ・井上晴哉【写真:荒川祐史】

開幕直後は不振で2軍降格「落ちたときには逆にすっきりした」

■ロッテ 8-1 西武(2日・ZOZOマリン)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテの井上晴哉内野手が2日の西武戦(ZOZOマリン)で2ラン含む3安打猛打賞でチームのカード勝ち越しに貢献した。

 高く舞い上がった打球が、センターバックスクリーンにゆっくりと吸い込まれていった。2戦連発の10号で交流戦前に本塁打数を2桁に乗せた主砲は「特に実感ない。たまたまだと思います」とあっけらかんと語った。さらに「状態がいい時のホームランは手応えがあるけど、今日は振ったら飛んだ。だから怖いですね」と3戦2発ながら本調子ではないことを強調した。

 昨季から不動の4番としてチームの中軸を担う。しかし今シーズンは開幕直後から不振に見舞われ、4月6日に登録を抹消された。2軍降格直前にはスタメン落ちも経験。「みんなが気を遣ってくれていたと思う。でも落ちたときには逆にすっきりした。モヤモヤしながらやるよりも、下でやりたい調整をやることができた」と苦しい時期を糧にしてきた。

 ファームでは10試合に出場し、46打席に立った。日々の打席の中で、下半身と上半身の連動を意識することで体重移動をスムーズに行い、本来の豪快な飛距離を取り戻した。井上は「2軍では毎日試合に出してもらった。若い選手で試合に出たい人もいたと思う。その打席を、自分が“もらって”いた」と謙虚に振り返った。

 4月23日の2軍戦で本塁打を放つと、そのまま1軍昇格を果たし「7番・一塁」でいきなりスタメン出場した。ダブルヘッダーのタフな1日をこなし、同25日には今季初アーチ。そこからコンスタントに本塁打を重ね交流戦前に早くも2桁に到達したが「出遅れたし、足を引っ張ってしまった」と本人はこれまでの活躍に納得はしていないようだ。

 井上は「気負い過ぎても見失ってしまう。ガツガツしないようにしたい」とあくまで自然体を貫く。悠然と構え、マリーンズ打線の4番にどっかりと座り直した井上の“恩返し”が、混戦のパ・リーグをさらに熱くする。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」