野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 交流戦で重要なのは本拠地で負けないこと 過去3年の勝敗からポイントを分析

交流戦で重要なのは本拠地で負けないこと 過去3年の勝敗からポイントを分析

交流戦が始まる。2005年に始まってから15シーズン目、すっかり定着したが、同時に「パ・リーグが強い」ということも、定説化している。

西武・辻監督(左)、広島・緒方監督【写真:荒川祐史】
西武・辻監督(左)、広島・緒方監督【写真:荒川祐史】

交流戦でペナントレースの「勢力図」が変わる? 昨年のセ・リーグは…

 交流戦が始まる。2005年に始まってから15シーズン目、すっかり定着したが、同時に「パ・リーグが強い」ということも、定説化している。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 なぜセ・リーグが勝てないかという問題は別にして、交流戦には「空気を変える」という大きな作用がある。開幕から2か月間、約50試合を戦ううちに各リーグには「勢力図」ができあがるが、交流戦で対戦相手が変わることで、その「勢力図」も変化する。

 そのよい例が、昨年のセ・リーグだ。交流戦前後の順位とゲーム差。

1位 広島 率.614 → 1位 率.548
2位 阪神 率.523 ↓ 4位 率.475
3位 DeNA 率.500 ↑ 2位 率.483
4位 巨人 率.489 ↑ 3位 率.476
5位 中日 率.478 ↓ 6位 率.453
6位 ヤクルト 率.395 ↑ 4位 率.475

 昨年も今年と同様広島が独走していた。広島は負け越したものの首位をキープしたが、交流戦前の時点で2位の阪神から5位の中日までもすべて負け越し。負け越し数が少なかったDeNAと巨人が浮上し、負け越しが大きかった阪神と中日が下位に沈んだ。

 その中でセで唯一12勝6敗と大勝ちしたヤクルトが最下位から4位タイに浮上した。そして結果的に交流戦で浮上したヤクルトが、2位でフィニッシュしたのだ。交流戦には、こういう「化学変化」が起こるのだ。

 大事なことは、大敗しないことだろう。悪くても1、2個の負け越し程度でとどめれば、交流戦明けにもペナントレースに踏みとどまることができる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」