野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

昨季優勝の交流戦で巻き返しへ 16連敗のヤクルトで青木が若手にかけ続けた言葉

5月のヤクルトは、好調だった4月に比べ、けが人も多く、大型連敗に泣いた一か月となった。一時は首位にいたチームだったが、5月14日から大型の16連敗。順位も一気に最下位に転落した。

ヤクルト・青木宣親【写真:荒川祐史】
ヤクルト・青木宣親【写真:荒川祐史】

5月はNPB100本塁打を記録した青木、4日から昨季優勝の交流戦へ

 5月のヤクルトは、好調だった4月に比べ、けが人も多く、大型連敗に泣いた1か月となった。一時は首位にいたチームだったが、5月14日から大型の16連敗。順位も一気に最下位に転落した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ヤクルト戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この1か月はいろいろなことがあった。大型連敗から目をそらしていけないが、ポジティブな要素だってあった。

 けがで離脱してしまった石山の代わりに、梅野がリリーフに抜擢され結果を残した。現在4セーブ。野手も、山崎や古賀ら若手も抜擢された。ケガ人も少しずつ復帰。3月31日に死球を受け登録抹消されていた坂口、そしてバレンティンも戻った。

 そんな中でも、37歳でも気を吐く青木の存在感は大きかった。5月17日にはNPB通算100号本塁打を記録、22日にはNPB通算1500安打を達成した。プロ126人目1156試合目での1500安打到達は、2011年の松井稼頭夫(楽天・現西武2軍監督)の1233試合を抜いて史上最速だった。

 青木の活躍は記録だけではない。その技術、リーダーシップなどがチームに様々な良い影響を及ぼしている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」