野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム吉田輝の1軍昇格は? 栗山監督「考えます」巨人2軍戦で自己最悪6失点

日本ハムのドラフト1位の吉田輝星投手が4日、イースタン・巨人戦(ジャイアンツ球場)で先発。2回に2者連続四球から3安打5失点するなど3回4四球6安打でで自己ワースト6失点。3敗目(0勝)を喫した。早期の1軍昇格が期待されるが、栗山英樹監督は「いいものも感じられたし、悪いものも感じられた。考えます」と話すにとどめた。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

イースタン・巨人戦で先発し、3回71球、4四球6安打6失点 防御率4.15に

 日本ハムのドラフト1位の吉田輝星投手が4日、イースタン・巨人戦(ジャイアンツ球場)で先発。2回に2者連続四球から3安打5失点するなど3回4四球6安打でで自己ワースト6失点。3敗目(0勝)を喫した。早期の1軍昇格が期待されるが、栗山英樹監督は「いいものも感じられたし、悪いものも感じられた。考えます」と話すにとどめた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 初回は全9球オール直球勝負で3人に片付けたが、2回に崩れた。先頭の北村、中島を2者連続で四球で歩かせ、育成の加藤には高めに浮いた142キロ直球を痛打された。右中間フェンス直撃の適時二塁打を献上。続く無死二、三塁からは田中貴の中前2点打を許した。続く吉川大は右飛に打ち取ったが、松原に内角スライダーを振り抜かれて右越え2ランを被弾。この回だけで3四球3安打5失点した。

 3回、先頭・北村を四球で歩かせ、2死後、田中貴に中前打を許して2死一、三塁。吉川大に低めスライダーを拾われて中前適時打を許した。金足農高時代に憧れていた巨人に対し、3回71球、4四球6安打で自己ワースト6失点。防御率4.15となった。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」